にきびの正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といいます。日本では約290万人がにきびで悩んでいるといわれています。にきびで悩んだことのある方は男女を問わず 実に80%以上の方が悩んだ経験があるといいます。

にきびは皮脂腺の活動が最も盛んな思春期にできやすいので、かつては「二十歳過ぎたら吹出物」などと言われていました。10代の男女の80%以上に現れるため、確かににきびは「青春のシンボル」といえるでしょう。にきびは思春期にかけて10代から20代前半に多いといわれています。10代から20代にかけてスキンケアに興味を持ちはじめる時期に化粧品などを使用することから肌に影響をうけることもあるようです。

皮膚は大きく分けると表皮・真皮・皮下組織の3つの層に分けられます。表皮は更に4つの層に分かれています。正常な皮膚は常に新陳代謝を繰り返し、最終的には角質化してアカやフケとなって剥がれ落ちます。正常な肌は常に生まれ変わりを繰り返しているのです。剥がれる直前の最表層の角質層のことをバリアゾーンと呼んでいます。

毛穴には皮脂腺があり皮脂がつくられ、皮脂を毛穴の外に排出することで、肌表面を弱酸性に保ち、細菌の繁殖を防ぎ、保湿する役目があります。正常な肌は代謝がスムーズ゙に行われ、毛穴が開いた状態を保ち、余分な皮脂を排出しています。

にきびは肌の代謝異常などによっておこることがあり、医学的にはにきびは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)といって皮膚の病気の一つです。30代や40代の大人の人でもにきびはできます。にきびに悩む成人以降の男女は年々、増加しているといわれています。

にきび「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」は発症する原因がととのえば、誰もが年齢に関係なくにきびになります。にきびのことを20歳過ぎたら吹き出物といっていた時代は終わったようです。

にきびとホルモンの関係は非常に密接した関係にあります。ホルモンバランスが崩れるとにきびが出来やすくなるというのは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ホルモンバランスは、日頃の生活の中でも十分に正常に保つことは出来るので、ホルモンバランスが崩れる原因を知って、にきびが出来づらい環境にすることが大切です。

ホルモンバランスが崩れる原因には、まず年齢による原因が挙げられます。10代といった若い世代ですと成長期の過程でホルモンバランスが突如崩れてしまうことがあります。新陳代謝も激しいために、汗もかきやすい年頃ですからホルモンバランスだけでなく皮脂の詰まりからもにきびが出来やすくなります。

他にも女性特有のホルモンバランスの崩れとしては、生理前や妊娠中のホルモンバランスの崩れがあります。生理前の女性の体は、非常に黄体ホルモンが分泌されやすい状態となっていて、この黄体ホルモンの過剰分泌によってにきびが出来やすくなってしまうのです。

又、老若男女問わずホルモンバランスが崩れる原因として挙げられるものにはストレスがあります。このストレスは、今は幼稚園の子供にまで見られると言われているほど深刻な問題となっているようです。私達が生活していく上で、ストレスを抱えずに生活をするほうが難しい世の中ですから、ストレスをなくそうと考えるのではなく、ストレスと上手に向き合い、解消していく方法を自分なりに見つけることが大切です。

にきびは通常出来てしまっても跡は残らないものなのですが、間違ったケアや対処を行なっていると赤みがのこってしまったりクレーターと呼ばれる陥没した凸凹肌が特徴的なにきび跡が出来てしまうのです。

例えば顔ににきびが出来てしまった場合など、すぐ目につくので人目を気にするあまりに、にきびをすぐ指でつぶしてはいませんか?毛穴の中にあるにきび菌が原因でにきびは出来るのですが、指でつぶしてしまうと雑菌が入り炎症を起こしてしまうために、にきび跡が赤く残ってしまうことになります。背中のにきびなどは気づかないことが多い上に、汗をかいたままそのまま放置してしまうことによって、皮脂がにきび菌の栄養になり、にきびを悪化させるだけでなく、その後色素沈着を起こしてシミのようなにきび跡が残ってしまうことになります。

又、にきび跡が出来る原因には肌の乾燥も挙げられます。肌が乾燥すると外からの刺激に負けないようにと、毛穴が引き締まった状態になってしまいます。そのため毛穴に皮脂が溜まりやすい状態となるので、にきびが治りづらく、にきび跡も出来やすいというわけです。長時間エアコンの風に当たってしまう環境にいる場合などは注意が必要です。肌を乾燥させないためにも保湿を十分に行なって、正しいケアをすることによって、にきび跡が出来るのを予防できますから、間違ってもにきびが出来たらすぐつぶすといった安易な方法はとらない様にしましょう。

にきびが出来たのは雑菌が溜まっているからだということから、過剰に洗顔をする人がいますが、洗顔もやりすぎは厳禁です。肌を守る成分までこそぎ落としてしまっては、余計ににきびが治りづらくにきび跡が出来やすい環境を作ってしまうので、正しい洗顔方法も身につける必要があります。

にきびの原因には様々なものがあるのですが、毛穴の汚れというものもあります。毛穴が汚れや皮脂によって詰まってしまうと、皮膚の新陳代謝が正常に行なわれないためににきびが出来やすい環境になってしまいます。

中学生頃から急ににきびになる人が増えてきますが、これは思春期頃になると皮脂の分泌が活発になるものの、毛穴の成長が追いつかないために皮脂が毛穴に詰まりやすい状態になるために、急激ににきびが出来やすくなってしまうのです。毛穴に皮脂や汚れが溜まる原因としては、洗顔をする際に石鹸や洗顔クリームをつけて行なうことがほとんどかと思いますが、この石鹸や洗顔クリームが綺麗に洗い流されていないことによって、毛穴がふさがってしまうということが挙げられます。

他にもメイクをした後にしっかりとクレンジングを行なわないまま寝てしまうことによって、メイクの汚れが毛穴に詰まってしまい、にきびが出来てしまうことにつながります。今は中学生や高校生など皮脂の分泌が盛んな頃から、お化粧をする方が増えていますから、なおさらにきびが出来やすい環境にあるといえるでしょう。

体を洗うボディーソープも同様です。特に背中を洗う場合は、目にみえづらいために十分に洗い流すことが出来ないまま、背中にボディーソープの成分が残っていることがあります。寝ている間は新陳代謝が活発になるのですが、背中は特に汗をかきやすい場所です。ボディーソープの洗い残しがあるまま寝てしまうと、にきびが非常に出来やすい環境になってしまうのです。

にきびの原因の1つに「皮脂の過剰分泌」というものが挙げられますが、おでこ・鼻・あごのいわゆるTゾーンと呼ばれる部位が特に皮脂の分泌が多いとされる場所です。朝起きたすぐや夕方になると、顔がテカテカと光ったようになるのもこの皮脂の分泌が盛んになることによるものです。最近では男性でも油取り紙などで顔のテカリを抑える人が増えているようですが、こうしたちょっとしたことでも、にきびを防ぐ手段としては効果的といえるでしょう。

皮脂の分泌は男女別にみると、女性よりも男性のほうが多いもので、思春期と呼ばれる15歳から25歳くらいの間は非常に皮脂の分泌が過剰になります。男女共に加齢によって、皮脂の分泌量は徐々に減っていくものですが、実はこの皮脂の分泌は1日24時間の中でも変化があるものなのです。

通常皮脂の分泌が盛んになるのは、夜中0時がピークと言われています。最近の若い世代の方は、睡眠時間が遅くなる傾向があるようで、皮脂の分泌が盛んになる時間に起きていることによって、さらに皮脂の分泌が過剰になってしまうようです。不規則な生活はホルモンバランスも崩しますから、にきびが出来やすい環境を作ってしまうことになります。

皮脂の分泌が気になるあまりに、何度も顔を洗う人もいるようですが、肌を守るバリアまでも洗い流してしまうことになり、逆効果となります。思春期のうちは皮脂の分泌が盛んであることを理解した上で、正しい洗顔方法や皮脂の汚れを綺麗にするケア方法などを身につけることが必要です。

にきびの原因の1つにストレスが大きく関わっていることはご存知でしょうか。ストレスを受けると体はそのストレスから身を守るために、男性ホルモンを過剰に分泌することが知られています。そのために体の中にあるビタミンB2の働きも弱めてしまうことによって、にきびが出来やすい体質になってしまうのです。

ストレスによるにきびは20代後半から30代、40代といった人に多いと言われ、大人にきびと呼ばれるものもこのストレスから出来ることが多いようです。ただ、今は10代の若い人にもストレスからにきびが多くなったり、中には子供にまでストレスからにきびが出来るケースがあるようです。ストレスを抱えていない人のほうが少ないとまで言われるほど、私達の生活に密接しているものですから、にきびを作らないためにも上手にストレスと向き合い、ストレスを軽減する方法を見つけることが大切です。

妊娠中や産後ににきびが出来やすいのは、このストレスで出来ることも多いものです。妊娠中は、無事に出産を迎えることが出来るかどうかといった不安から過度のストレスを感じやすくなるようです。出産後の主婦は、授乳時間などによって睡眠時間が妨げられたり、赤ちゃんの泣き声からもストレスを感じやすい状況にあるために、いつも以上ににきびが出来やすくなるのです。

それでなくても妊娠中や産後の場合、ホルモンバランスも崩れてにきびが出来やすい状況にあるのですから、これに睡眠不足やストレスが重なると、途端ににきびが出来てしまうという仕組みになっています。

にきびが出来る原因には間違った食生活というものも挙げられます。元々日本人というのは、お米や魚中心の食生活を送っていた人種ですが、近年では欧米化の食事がとても増えてきています。

共働きをする夫婦が増えたことによって、外に食事をする機会も増えてきています。ファミリーレストランのメニューを見ると、ハンバーグやグラタン、スパゲティ、ドリアなどどれも高脂肪、高カロリーのものばかりです。こうした欧米化の食事を取ることが増えたのも、にきびになる人が増えた原因でもあります。

本来日本人はそんなにも油分を取る食生活ではなかったものが、過剰に油分の多い食事を取るようになったことで、皮脂の分泌が盛んになり毛穴が詰まり、その結果にきびが出来てしまうという仕組みです。又、コンビニのお弁当やカップラーメンなど添加物の多い食事を取る若い人が増えていますが、こうした添加物の多い食事もにきびが出来やすくなります。

食事を取る時間も以前とは変わってきているようです。朝ご飯を食べない、昼はコンビニの弁当か外食、夜ごはんを食べたあとに、飲みにいってつまみを食べて、帰ってきてから小腹が減ったと又、カップラーメンを食べる・・・こんな食生活を送ってはいませんか? これでは、体のホルモンバランスが崩れて当然です。

寝る前直前に夜食をとることが当たり前になっている人もいるようですが、どれもにきびにとっては良くないことばかりです。にきびが気になりだしたら、一度こうした食生活を振り返ってみるのも大切です。きちんと決まった時間に、栄養バランスのとれた食事は取れていますか?

にきびの原因と便秘についてご紹介します。便秘になると直接にきびになるというものではないのですが、便秘がにきびを出来やすい体質にするのは確かです。そもそも便秘というのは体質のほかにも不規則な食生活が原因になることも多いのですが、とかく今の若い世代の方は朝食を取らない人が増えているようで、これも便秘が増えている原因でもあります。

便秘になると腸の中にいる悪玉菌と呼ばれるものが増えると共に、老廃物がうまく排出されないために代謝も悪くなってしまいます。本来であれば便と共に体外に排出されるべき老廃物が、便秘によって体内に長時間残ることによって、いらない老廃物が再び体内に吸収されやすくなってしまいます。この老廃物が原因で皮脂の分泌が過剰になることから、にきびが出来やすくなってしまうという仕組みです。

便秘はにきびだけでなく、肌にも良くないものです。体質だからと諦めるのではなく、普段の食生活を振り返ってみて便秘の原因となっている行為を避けてみるのも手段の1つです。朝ご飯は軽いものでもいいので食べておいたほうがいいですね。朝ご飯を抜くという行為は、にきびが出来やすくなるだけでなく、肌荒れにもつながり、ダイエットの効果も薄れると言われていますので、女性にとって慢性化した便秘を解消するだけで、おおかたの悩みは消えるのではないかと思うほどです。

又、長い間便秘が続くとそれだけでストレスを感じてしまうものです。このストレスもにきびにとっては天敵ですから、便秘解消をすることがにきびの予防にもつながるといえるでしょう。

にきびの出来る原因というのは、1つだけでなく色々な原因が混ざり合って起こることがほとんどです。睡眠不足が続くことによって、新陳代謝が悪くなることもにきびが出来やすいですし、コンビニのお弁当やスナック菓子のような添加物の多い食事を多く取り続けることも、にきびが出来やすくなります。ストレスによって血中濃度が上がることも挙げられますし、他にも洗顔のしすぎ、シャンプーの洗い残しなど、本当にたくさんの要因があるものです。

ただ、このにきびが出来る原因の1つ1つを見てみると、どれも不規則な生活によるものから起こる現象だということが分かるかと思います。食事などは仕事の都合上などで、決まった時間に取れない人もいるかと思いますが、その場合でも手作りのお弁当を食べたり、油分の少ないものを選んで食べるなどほんのちょっとの工夫でも違ってくるかと思います。

ストレスが溜まってるなと感じるのでしたら、早めに布団に入って寝るとか、ストレス解消の手段を施してみるのもいいでしょう。生活習慣の乱れは、にきびが出来やすくなるだけでなく体のためにも決して良いことではありません。にきびが出来るというのは、「生活習慣が乱れてるよ」という体からのサインだと思って、にきびが出来たことにクヨクヨ悩むのではなく、日々の生活習慣を改めて振り返ってみて、直せるところから改善してみてはいかがでしょうか。

悩んでストレスを感じてしまっては悪循環になってしまいます。あなたが睡眠不足やストレス、不規則な食生活を送っていることは周りの人に気づかれないかもしれませんが、体は悲鳴をあげているかもしれません。わかりやすくサインを送ってくれているにきびに感謝して、日々の生活を改善してみるのが最善のにきび対策になるのではないでしょうか。

にきびは内的要因だけでなく外的要因からも出来るものです。にきびにとって紫外線は天敵といえる存在です。紫外線を浴びた肌は、通常よりも活性酵素が過剰に発生するようになって、ビタミンの破壊も引き起こします。これが原因でにきびが出来やすくなります。又、紫外線を浴び続けるとメラニンが増えることによって、色素沈着の原因にもなります。毛穴に皮脂が溜まりやすくもなるので、にきびにとっては紫外線は天敵といえるわけです。

夏の暑いときなどはUVクリームを塗ったり、日傘をさして紫外線予防をしている人も多いものですが、意外にもこの紫外線は冬でも多いものなのです。さすがに冬に日傘をさして外出することは出来ませんが、長時間外にいる場合には、日焼けクリームを塗ったり帽子を被ったりするのも効果的です。ただ、帽子の選び方も慎重にする必要があるのですが、通気性の良い帽子でないと頭皮が蒸れてしまって、頭や頭皮ににきびが出来てしまうことにもなるので、素材を見てから買うようにしましょう。

時間帯としては、10時頃から15時頃までは日差しが強くなるので、この時間帯に長時間外にいる人はしっかりとUV対策をしたほうがいいでしょう。今現在にきびが出来ている人が、紫外線を長時間浴びると炎症を起こしたり、クレーターというにきび跡の原因にもなりますから注意が必要です。紫外線はにきびだけでなく、女性の天敵でもあるしわやシミの原因にもなりますから、いつまでも綺麗でいたいと願うのでしたら、しっかりと紫外線対策をしておくことをおすすめします。

にきび関連ニュース