にきびの正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といいます。日本では約290万人がにきびで悩んでいるといわれています。にきびで悩んだことのある方は男女を問わず 実に80%以上の方が悩んだ経験があるといいます。

にきびは皮脂腺の活動が最も盛んな思春期にできやすいので、かつては「二十歳過ぎたら吹出物」などと言われていました。10代の男女の80%以上に現れるため、確かににきびは「青春のシンボル」といえるでしょう。にきびは思春期にかけて10代から20代前半に多いといわれています。10代から20代にかけてスキンケアに興味を持ちはじめる時期に化粧品などを使用することから肌に影響をうけることもあるようです。

皮膚は大きく分けると表皮・真皮・皮下組織の3つの層に分けられます。表皮は更に4つの層に分かれています。正常な皮膚は常に新陳代謝を繰り返し、最終的には角質化してアカやフケとなって剥がれ落ちます。正常な肌は常に生まれ変わりを繰り返しているのです。剥がれる直前の最表層の角質層のことをバリアゾーンと呼んでいます。

毛穴には皮脂腺があり皮脂がつくられ、皮脂を毛穴の外に排出することで、肌表面を弱酸性に保ち、細菌の繁殖を防ぎ、保湿する役目があります。正常な肌は代謝がスムーズ゙に行われ、毛穴が開いた状態を保ち、余分な皮脂を排出しています。

にきびは肌の代謝異常などによっておこることがあり、医学的にはにきびは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)といって皮膚の病気の一つです。30代や40代の大人の人でもにきびはできます。にきびに悩む成人以降の男女は年々、増加しているといわれています。

にきび「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」は発症する原因がととのえば、誰もが年齢に関係なくにきびになります。にきびのことを20歳過ぎたら吹き出物といっていた時代は終わったようです。

にきびとホルモンの関係は非常に密接した関係にあります。ホルモンバランスが崩れるとにきびが出来やすくなるというのは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ホルモンバランスは、日頃の生活の中でも十分に正常に保つことは出来るので、ホルモンバランスが崩れる原因を知って、にきびが出来づらい環境にすることが大切です。

ホルモンバランスが崩れる原因には、まず年齢による原因が挙げられます。10代といった若い世代ですと成長期の過程でホルモンバランスが突如崩れてしまうことがあります。新陳代謝も激しいために、汗もかきやすい年頃ですからホルモンバランスだけでなく皮脂の詰まりからもにきびが出来やすくなります。

他にも女性特有のホルモンバランスの崩れとしては、生理前や妊娠中のホルモンバランスの崩れがあります。生理前の女性の体は、非常に黄体ホルモンが分泌されやすい状態となっていて、この黄体ホルモンの過剰分泌によってにきびが出来やすくなってしまうのです。

又、老若男女問わずホルモンバランスが崩れる原因として挙げられるものにはストレスがあります。このストレスは、今は幼稚園の子供にまで見られると言われているほど深刻な問題となっているようです。私達が生活していく上で、ストレスを抱えずに生活をするほうが難しい世の中ですから、ストレスをなくそうと考えるのではなく、ストレスと上手に向き合い、解消していく方法を自分なりに見つけることが大切です。

にきびは通常出来てしまっても跡は残らないものなのですが、間違ったケアや対処を行なっていると赤みがのこってしまったりクレーターと呼ばれる陥没した凸凹肌が特徴的なにきび跡が出来てしまうのです。

例えば顔ににきびが出来てしまった場合など、すぐ目につくので人目を気にするあまりに、にきびをすぐ指でつぶしてはいませんか?毛穴の中にあるにきび菌が原因でにきびは出来るのですが、指でつぶしてしまうと雑菌が入り炎症を起こしてしまうために、にきび跡が赤く残ってしまうことになります。背中のにきびなどは気づかないことが多い上に、汗をかいたままそのまま放置してしまうことによって、皮脂がにきび菌の栄養になり、にきびを悪化させるだけでなく、その後色素沈着を起こしてシミのようなにきび跡が残ってしまうことになります。

又、にきび跡が出来る原因には肌の乾燥も挙げられます。肌が乾燥すると外からの刺激に負けないようにと、毛穴が引き締まった状態になってしまいます。そのため毛穴に皮脂が溜まりやすい状態となるので、にきびが治りづらく、にきび跡も出来やすいというわけです。長時間エアコンの風に当たってしまう環境にいる場合などは注意が必要です。肌を乾燥させないためにも保湿を十分に行なって、正しいケアをすることによって、にきび跡が出来るのを予防できますから、間違ってもにきびが出来たらすぐつぶすといった安易な方法はとらない様にしましょう。

にきびが出来たのは雑菌が溜まっているからだということから、過剰に洗顔をする人がいますが、洗顔もやりすぎは厳禁です。肌を守る成分までこそぎ落としてしまっては、余計ににきびが治りづらくにきび跡が出来やすい環境を作ってしまうので、正しい洗顔方法も身につける必要があります。

にきび関連ニュース