にきびのために正しいスキンケアについて考えましょう。皆さんは化粧品を選ぶときは何を基準に選んでいますか?友達に勧められた化粧品だから、CMで憧れの女優さんが使っているからなどの理由で購入してはいませんか?でも個人個人お肌の状態は違いますよね。にきびひとつをとっても白にきびや赤にきびなどがあり、にきびのタイプも人それぞれです。

にきびのためのスキンケアを選ぶのでしたら、自分の肌質に合うものを選ぶことが重要です。では自分のにきびの肌質とはどのようなタイプであるのかはにきびの種類を参考にして自分のタイプを探しましょう。

にきびのスキンケアにはクリームや乳液などの過剰な油分の与えすぎは禁物です。油分はにきびの原因にもなるアクネ菌の栄養源となってしまいます。にきびには油分を控えて、反対に水分をたっぷりと与えてあげましょう。なざなら、水分不足になるとお肌の毛穴付近の角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなりにきびの原因となるからです。十分にお肌に水分を補うと肌荒れやにきびなどの肌トラブルを回避することもできます。

にきび肌の化粧水選びにはノンアルコールでビタミンC配合の化粧水がお勧めです。アルコールの入った化粧水は揮発性が高く肌の水分が失われる恐れがありますのでにきび肌の方は避けたほうがよいでしょう。また、グリセリンはにきびを悪化させるアクネ菌の増殖に関係があるといわれています。グリセリンは保湿剤として洗顔料やクリームなどに含まれていることがあります。にきび肌にはグリセリンが含まれていないものを選ぶとよいですね。

にきびケアには正しい洗顔方法を覚えることが大切です。にきびの皮脂が気になるからといって一日に何度も洗顔をしたりごしごしとこすったりしていませんか?何度も洗顔するとお肌に必要な潤い成分やバリア機能まで洗い流してしまうことになります。いつも洗顔したあと、肌が突っ張るような感覚があったら危険信号です。肌は間違った洗顔方法によってダメージを受けていると考えられます。

間違った洗顔によってにきびは更に悪化します。洗顔のし過ぎによって必要な潤いまで奪ってしまうと、肌は皮脂を守ろうとする防衛本能が働き更に皮脂を過剰に分泌します。その状態が続くと皮脂腺が発達し脂性肌になってしまいます。更に毛穴が盛り上がり、にきびの原因となるのです。

では正しい洗顔方法をご紹介しましょう。皆さんは洗顔の前に手を洗っていますか?手には多くの雑菌がついている可能性があります。その雑菌が顔に移らないようにまずは手を洗いましょう。そして髪の毛が顔にかからないようにヘアバンドなどで髪の毛を上げてから、洗顔をしましょう。髪の生え際にすすぎ残しがあるとにきびの原因になります。

洗顔にはぬるめのお湯を使い十分に毛穴を開き、余分な皮脂が出やすくなるように心がけましょう。洗顔料はネットなどを使用し泡立ててからお肌にのせるような感触でやさしくマッサージしましょう。泡立てずに洗顔料を直接肌につけると、毛穴に洗顔料が入り込んでしまいすすぎ切れない場合には肌荒れやにきびを悪化させてしまいます。すすぎはシャワーを使用し、やさしくしっかりとすすぎます。仕上げには水分をよく吸収するやわらかいタオルで軽くふき取るとよいですね。

汗をかいたときは別ですが洗顔は朝と就寝前の2回で十分です。帰りが遅くなったのでメイクも落とさず寝てしまうと翌朝の肌はごわごわとがさつき新たな、にきびができてしまうかもしれません。にきびには正しい洗顔方法を身につけ、習慣にすることをお勧めします。

にきびの原因には様々なものがあり、皮膚に余分な脂や汚れが付着することによって、毛穴が詰まることも原因の1つに挙げられますが、この毛穴の詰まりを予防するためには普段からの心がけが大切です。

まずは、洗顔の際には石鹸や洗顔料の洗い残しがないように何度も丁寧にすすぎましょう。すすぐ際にはぬるま湯を使ってすすぎをし、最後に冷水をピシャッとかけることによって、毛穴が引き締まって余分な脂を吸い取りにくくします。洗顔の際にごしごしとこすって刺激を与えすぎるのは逆効果ですので、優しく洗い流しましょう。

女性の場合ですと、メイクの落とし忘れも厳禁です。メイクをクレンジングしないまま寝てしまうと、化粧品に含まれる脂分が肌に吸着してにきびが出来やすくなるだけでなく、色素沈着を招く心配があります。肌荒れの原因にもなりますから、メイクはその日のうちにしっかりとクレンジングしてから寝るようにしましょう。

入浴の際には、ボディーソープやシャンプーなどの洗い残しにも注意が必要です。特に背中は見えづらいものなので、何度も丁寧にすすぎましょう。頭皮にシャンプーやリンスなどが残っていると、頭皮ににきびが出来るだけでなく、薄毛を引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

また、角質が固くなってしまうと毛穴が詰まりやすくなり、にきびが出来やすい状態になるので、古くなった角質や厚くなってしまった角質は、ピーリングなどで除去することが大切です。

にきび関連ニュース