にきびと一言でいっても様々な種類があります。赤にきびという言葉を聞いたことがあるでしょうか。赤にきびとは、白にきびや黒にきびから少し進行した状態で、白にきびや黒にきびが出来たときにしっかりとしたケアをしなかったことによって、炎症を起こしてしまったものです。

赤にきびは、白にきびや黒にきびが出来たときに、毛穴に詰まった皮脂を栄養分として増殖していったアクネ菌によって炎症が起きてしまった状態です。
赤にきびの名前のとおり、赤くポツンと膨らんだにきびのことを指します。

赤にきびは、内部で炎症を引き起こしているので、痛みを感じたり化膿して赤にきびからうみが出てくることもあります。かゆみを伴うこともあるので、何気なく掻いてしまったりすることによって炎症が広がりやすくなります。このまま赤にきびが悪化してしまうと、炎症の範囲も広がり、にきび跡の原因ともなってしまいます。

赤にきびになってしまってからケアを始めても、完全に元の綺麗な肌に戻れる可能性は100%ではないということを知っておく必要があるでしょう。赤にきびは、にきび跡を残しやすいものです。ですから、赤にきびにまで進行するまえに、初期段階の白にきびや黒にきびのときに素早く適切なケアを出来るかどうかが非常に大切になってきます。にきびを作らないようにすることが、第一ですが、出来てしまったにきびの対策は見つけたらすぐに始めるのが基本となります。

赤にきびの原因にはストレスや脂っこいものを摂りすぎたりといったことから起こる、皮脂の過剰分泌が挙げられます。コンビニのお弁当やインスタントラーメンなど添加物の多い食事ばかりとるのもにきびを作る原因となります。

元々にきびというものは、毛穴に汚れや皮脂が溜まることによってアクネ菌が繁殖することによって出来ることが多いものなので、白にきびや黒にきびが出来ているときには、さらに毛穴が塞がりやすい状態にあるので、皮脂がいつも以上に過剰に分泌されやすくなるのです。

いきなり初期の段階から赤にきびが出来るのではなく、白にきびや黒にきびの後に炎症を起こして出来るのが赤にきびです。又、加齢や紫外線を浴びすぎたことによって、お肌のターンオーバーが乱れてしまうことも赤にきびの原因になります。

ターンオーバーが正常に行なわれないと古い角質が厚くなり、皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなります。ホルモンバランスの乱れなども赤にきびの原因になりますが、過度のストレスを感じているときも男性ホルモンが過剰に分泌されやすくなるので、注意が必要です。

又、女性の場合ですと生理中ににきびが出来やすい人もいるかと思いますが、これもホルモンの影響です。生理中だけでなく、妊娠中や産後なども同様です。生理中にイライラする女性も多いですが、このイライラも赤にきびの原因になりますから、なるべくゆったりと過ごすように心がけたいものです。

赤にきびの予防と対策としては、まず白にきびや黒にきびといった初期のにきびのときに、悪化させずに早めのケアをすることが大切です。

お洒落のために爪を伸ばしている女性も多いかと思いますが、にきびが出来ているときにうっかり長い爪でひっかいてしまうと、そこから雑菌が入り炎症を起こしてしまうことがあります。起きているときはいいですが、寝ているときなどは無意識に触ってしまうこともあるでしょう。赤にきびが気になるのでしたら、出来れば長い爪は切っておいたほうが無難です。

ひどくなると凸凹としたクレーターになってしまうこともあるので、赤にきびは刺激を与えないようにしましょう。赤にきびも初期のうちは塗布薬もあるので、薬局やドラッグストアなどに行って相談をされてもいいですね。

赤にきびが気になるあまりにクヨクヨ悩んだり、眠れない夜が続くようでは逆に悪化させてしまうことにもつながりますから、1人で悩んでストレスを溜め込んでしまうことがないように、皮膚科や美容クリニックに行って、カウンセリングを受けてみるのも1つのてです。肌のケアに関することなどを適切にアドバイスしてくれるでしょうし、1人で悩んでいるよりも、幾分か気持ちも楽になるものです。

女性の場合は、出来ればメイクも避けたほうがいいのですが、仕事をしているとすっぴんで外出というわけにもいかないことが多いでしょう。にきび用洗顔料やピーリング石鹸などを使って、きちんとクレンジングをするほうが大切ですね。また、外出する際は紫外線を浴びすぎないように、帽子を被ったり日傘をさしたりといったUV対策も必要です。

赤にきびの治療には、美容外科で行なうケミカルピーリングやフォトフェイシャル、イオン導入、ビタミンC誘導などがありますが、美容外科は初めての場合、なかなか行きづらいという人もいるでしょう。

まずは自宅から近いクリニックなどに電話で聞いてみるというのも1つの方法です。電話であれば顔を合わせることもないですし、受付というのは結構そのクリニックの雰囲気そのものの場合があります。あまりにもぶっきらぼうな対応だったり、何を聞いても「大丈夫ですよ」など安易なことしか言わないようなら、その後の施術も心配ですから、避けたほうがいいかもしれません。

中には無料でカウンセリングを行なってくれるクリニックもあるようですから、まずはこうしたサービスを受けてみるのもいいですね。市販の薬を塗るのとは違って、ある程度高額な治療費がかかるものですから、クリニック選びは慎重にしたいものです。

実際にそのクリニックで治療を受けたことがある人から体験談を聞いたり、口コミで評判が良いところを選ぶと失敗が少ないかと思います。さらに悪化してにきび跡が残ってしまったというリスクを負うことがないように、事前の情報収集も大切になります。そのままほっておくことは良くないですが、自宅で出来るケアをしながら信頼のおけるクリニックを探して、カウンセリングを受けるのもいいでしょう。悩んでクヨクヨするのもにきびを悪化させる原因になるので、1人で悩まずに専門の人に話してみることをおすすめします。

にきび関連ニュース