にきびには様々な種類がありますが、にきびの中には黒にきびというものがあります。黒にきびは、白にきびと同じように初期の段階のにきびなので早期の対処を行なえば悪化を防ぎやすいにきびともいえます。白にきびのことは別名閉鎖コメドや閉鎖面皰(へいさめんぽう)と呼ばれますが、黒にきびは別名開放コメドや開放面皰(かいほうめんぽう)と呼ばれます。

この黒にきびの特徴としては、鼻の上や鼻の周りに出来やすいということが挙げられます。顔の中心である鼻に出来ることから非常に目立ちやすく、汚れたように黒いポツポツが出来るのが特徴です。周りの人からも見える場所に出来るので、深刻に悩んでしまう人が多いようです。クヨクヨと悩んでしまうことによって、ストレスが溜まるとさらに黒にきびを悪化させることにもなりますから、黒にきびが気になって仕方ないという人は、専門のクリニックなどに相談に行くのもいいでしょう。

黒にきびは、皮脂で詰まったコメドによって毛穴が押し広げられてしまうことから開放面皰と呼ばれるのですが、毛穴が開いたことによって、汚れや皮脂が溜まりやすく、空気に触れることによって酸化して黒くなるのです。

紫外線の影響も受けやすいにきびですが、黒にきびは炎症は起こしていませんから、まだ初期のにきびとなります。この初期の段階でほっておかずにしっかりとしたケアを行なっていけば、凸凹やクレーターなどのにきび跡にまで発展する可能性は低くなります。

黒にきびは男女問わず、悩んでいる方が多いものですが、黒にきびの出来る原因を知ることによって、予防や対策法も一緒に考えていけるかと思います。黒にきびの原因には、まずターンオーバーが正常に行なわれていないことによって、古い角質が残る形となり、皮脂や汚れなどが毛穴に詰まりやすくなることが挙げられます。

化粧をしたままクレンジングをしないまま寝てしまったり、きちんとした洗顔をしなかったりすると、いつまでも皮脂が毛穴に溜まった状態となり、空気に触れて酸化することによって黒にきびになってしまいます。

他にも黒にきびは他のにきび同様、ホルモンバランスの乱れも原因となって出来るものです。ホルモンバランスが乱れる原因には様々なものがありますが、不規則な生活をしているとホルモンバランスは 乱れやすくなります。

睡眠不足が続いたり、ストレスで緊張した状態が続いたりしていませんか?ストレスはにきびにとって大敵です。紫外線を浴びつづけることも原因として挙げられます。夏は日焼け止めクリームを塗ったりUVケアをする人が多いものですが、紫外線は夏だけではなく、意外と冬にも多いものなので、日頃のケアを怠ってはいけないのです。

洗顔料の洗い流しやメイクの洗い残しなどがないように、ぬるま湯を使って石鹸の泡で優しく洗い、すすぎは十分に行ないましょう。最後に冷水をパシャッとかけると毛穴が引き締まるので効果的です。

汚れがついているように見えるので、非常に周りの目が気になってしまう黒にきびですが、黒にきびを作らないために予防法や対策法をご紹介します。黒にきびの予防と対策方法としては、まず日頃の食生活を振り返ってみることから始めましょう。過度の飲食や炭水化物の摂りすぎや、甘いもの・脂物の摂取は控え、緑黄色野菜やビタミンを多く取り入れた食事を心がけるようにしましょう。又、喫煙の習慣がある場合は、タバコの吸い過ぎも避けるようにしましょう。

便秘なども黒にきびの原因となるので、食物繊維を含んだ食事も効果的です。便秘がひどい場合には、腹部のマッサージをしたり、便秘薬などを処方してもらってもいいでしょう。又、添加物の多い食事を取ったり、夜遅くに食べたりといった不規則な食生活は避け、栄養バランスのとれた食生活をとるようにしましょう。

他にはストレスを軽減させる努力を日々の生活の中に取り入れていくといいでしょう。ストレスは会社務めのサラリーマンだけでなく、学生や主婦、子供にもあるものです。ストレスを感じているなと思った場合には、気分転換にぶらっと外に散歩に行ってみたり、趣味に没頭したり、早めに寝るなど上手にストレスを発散する方法を見出すといいですね。

にきびが出来てしまったことをクヨクヨ悩んでしまうと、それがストレスとなり悪化させることにもつながりますから、ゆったりとした気持ちを持つことが大切です。皮膚科やクリニックなどに行って専門家から適切な対処法を聞くのもいいでしょう。

黒にきびの治療としては、まずは日々のケアをしっかりとすることが挙げられます。鼻の頭に汗をかきやすい人は特に皮脂が詰まりやすい状態ですから、毎日の洗顔を怠らないようにしましょう。

ただ、何度も洗顔をしても逆にバリア成分まではがしてしまうことになるので、逆効果となります。朝起きたときと夜寝る前は特に皮脂の分泌が盛んになっているので、朝起きてすぐと夜寝る前の洗顔は必ず行ないます。にきび用のピーリング石鹸やにきび用の化粧水などが市販されていますから、黒にきびが気になる場合にはこうしたにきび専用のケア商品を使うといいですね。

今は美容外科でイオン導入やレーザー治療、ケミカルピーリング、ビタミンC導入など様々な治療法を受けることが出来ますが、まずは体の中からにきびを治療していくことも大切です。規則正しい生活をすることは、にきびだけでなくほかの色々な病気の予防にもつながるので、にきびが出来たら生活が乱れてはいないかの目安と考え、規則正しい生活をするように切り替えましょう。

女性の場合は、黒にきびが出来ている間はなるべくメイクも避けたほうがいいですが、すっぴんで外出するのが困難な状態の場合は、帰ってきてからのクレンジングは早めに行ないましょう。クレンジングシートで拭き取るだけで終わりという人もいるようですが、これでは汚れは綺麗に落としきれないものです。クレンジングフォームや洗顔フォームを使って、奥に詰まった汚れも綺麗に洗い流しましょう。

にきび関連ニュース