にきびが出来る原因は様々なものがありますが、同様ににきびが出来る部位も人それぞれです。背中にきびとは言葉のとおり、背中に出来るにきびを指しますが、この背中にきびは男性よりも女性に多く見られるものです。女性は男性に比べて髪の毛が長いことによって、シャンプーが背中につきやすいことが主な原因といわれています。

背中は元々皮脂腺が多い場所なので、にきびが出来やすい場所ではあるのですが、通常私達は服を着て生活するために背中は常に覆われた状態にあるわけです。夏の暑いときなどは背中にじとっと汗をかいていることを実感するものです。それだけにきびが出来やすい環境にあるにも関わらず、背中のケアというのは怠りがちになるものです。

通常背中というのは鏡をみても見えない場所にあるので、手入れが行き届かないことから背中にきびが出来やすくなります。入浴のときにタオルやスポンジなどを使って体を洗うときも、背中は手が届きづらいのでしっかり洗えていないこともあります。ボディシャンプーのすすぎ残しなども背中にきびが出来る原因になりますから、意識して何度も丁寧にすすぐことが大切です。

背中にきびはあせもと区別するのが難しいというのも特徴です。背中は目に見えづらい場所にあるために、初期の段階で気づきづらく、周りに広がりやすいということも特徴です。にきびが出来やすい人はこうした目に見えづらい背中のケアも顔のケア同様に行なっていくといいですね。

背中にきびの原因には様々な原因がありますが、汗の拭き取り忘れが多くの原因となるようです。背中にきびはスポーツをした後や、夏の暑いときに多量の汗をかいたあとにしっかりと汗を拭き取らないまま放置してしまうことによって、古い角質が残ってしまってり、毛穴が皮脂で詰まることが原因となって出来ます。背中は手が届きづらいので、汗を拭き取りづらいものですが、タオルを背中にいれておくのも1つの手段です。にきびが出来やすい人は特に意識して、こまめに汗を拭き取りましょう。

又、シャンプーやリンスの洗い残しがあると、髪の毛をつたってシャンプーの成分が背中に渡ってしまいます。このシャンプーなどの成分を洗い流さずにほっておくことで、毛穴が詰まり背中にきびが出来てしまいます。髪の長い女性は特に注意が必要ですね。髪を洗ったあとはしっかりとシャワーですすいで、入浴後はドライヤーを使って乾かしてから寝るようにしましょう。髪を上にまとめて寝るなどの工夫をするのもいいですね。

背中を綺麗に洗える便利グッズなどもたくさん市販されているので、見えない背中が十分に綺麗になるようなものを使うといいですね。

背中は直接衣服が触れる場所ですから、下着の素材にもこだわったほうがいいでしょう。ナイロンなど刺激の強い服を着ていると、にきびがある場所がこすれて悪化することにもなります。天然素材のシャツなどを着て、刺激を避けることをおすすめします。木綿などの素材が肌に優しいのでおすすめです。

背中にきびの予防と対策には、髪を洗う際に十分なすすぎをすることでもある程度予防できます。髪が長い人は髪を上にまとめて、背中に髪が触れないようにするのもいいでしょう。ドライヤーでしっかりと乾かさないと水分とともに、シャンプーなどの成分が背中につたってくるので、注意が必要です。

背中を洗うものにブラシがありますが、背中にきびが気になるときは、毛の固いブラシでごしごしと背中をこすることは避けて、木綿のような天然素材を使った肌に優しいタオルなどで優しく洗い流すようにしましょう。

入浴後は髪をしっかりと乾かし、天然素材のシャツやパジャマを着て寝ると、通気性が良いので、背中が蒸れづらくなります。清潔にしないと背中にきびが悪化してしまうので、直接肌に身につけるシャツなどはこまめに洗濯をするようにしましょう。スポーツをして多量の汗をかいたときには、背中の汗をしっかりと拭き取ることが大切です。

又、背中にきびは胃腸が弱っているときにも出来やすいので、辛いものを食べ過ぎたり暴飲暴食をしたりといったことは避け、胃に優しい食事を摂るように心がけるといいでしょう。

寝るときの布団は天日干しをしたり、こまめにシーツを取り替えて常に清潔な寝具で寝ることを心がければ背中にきび対策に有効な手段となります。寝ている間は私達が思う以上の汗をかいているものです。朝起きてから、まず背中を拭いてみるのもいいですね。

背中にきびの治療法にはどのようなものがあるでしょうか。背中にきびを皮膚科やクリニックなどで治療したいと考える場合には、ケミカルピーリングやイオン導入など様々な治療法がありますが、皮膚科で処方箋をだしてくれるところもあります。この場合の処方箋は塗り薬が多く、背中にきびを外部から炎症を抑えるような薬を塗ることになります。

背中にきびをこれ以上悪化させないようにという目的で塗る薬になるので、生活改善をして体の内部からも治療していかないと完全に背中にきびを治療することは難しいでしょう。外部からと内部から合わせて治療をすることによって、早く背中にきびを治すことにもつながるでしょう。

まず、日々の生活の中で出来ることからということで、食事から見直してみましょう。緑黄色野菜やビタミンを多く取り入れた食生活に切り替えたり、夜は早めに就寝したり、体の内部からの治療と併用して行なえば、背中にきびの改善も期待できるでしょう。

背中にきびが炎症を起こして化膿してしまったり、広範囲にわたって出来てしまった場合などは、一度皮膚科やクリニックに行って相談をされるといいでしょう。

自分では見えないところなので、専門医に診てもらうことで適切な対処法を聞けば、背中にきびが悪化することもなく、適切な処理を施してもらえるかと思います。背中にきびがきになる場合には無料カウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか。

にきび関連ニュース