にきびには胸にきびというものもあります。言葉のとおり胸に出来るにきびのことを指しますが、胸は、背中と同じように非常に汗をかきやすい場所なので、皮脂が過剰に分泌されることによって、毛穴が詰まりにきびが出来やすい箇所でもあります。

胸にきびはなかなか人に見せれる部位ではないため、誰にも相談できず、いつのまにか悪化しやすいにきびでもあります。特に胸の大きな女性の場合、胸の谷間に汗がたまってしまい、そこからにきびが出来てしまうことがあります。胸の谷間に出来たにきびなどは、友人でもなかなか見せることは難しいものですよね。この場合は、自分で早目のケアを行なうか、女医さんがいる皮膚科だと安心して通うことが出来そうですね。

胸にきびは、仕事中などはいくら汗をかいてもこまめに汗を拭き取ることが難しい場所ではありますが、トイレに行ったついでなどにタオルを使って汗を拭うだけでも、胸のにきびは出来づらくなります。胸にきびは汗をかいたときに、そのまま放置してしまうことから出来る場合が多いので、普段から汗かきの方は特に、胸にかいた汗はこまめに拭くことを心がけるといいでしょう。汗とりパッドなども市販されていますので、こうしたものを使って汗を防ぐこともいいでしょう。

サイズの合っていないブラジャーをして締め付けすぎている場合も、蒸れやすくなり胸にきびが出来やすくなるので、サイズに合ったもの、通気性の良いものを身につけるようにしましょう。

胸のにきびの原因として良く挙げられるものに、多量の汗をかいたまま放置しておくことがあります。胸は元々汗をかきやすい場所なので、皮脂の分泌が盛んに行なわれています。汗を拭き取らずに放置しておくことによって、毛穴が皮脂で詰まり、にきびが出来やすくなるというわけです。

他にもボディシャンプーをしっかり洗い流していないことも原因として挙げられます。髪の長い方の場合、シャンプーが綺麗に洗い流されていないことによって、胸にシャンプーの成分が垂れてくることによっても、胸にきびができやすくなります。通気性の悪い下着をつけることによっても、蒸れやすくなり、胸にきびが出来る原因となるので、肌に直接つける下着選びも重要になってきます。

又、女性の場合は特に、胸にきびが出来てしまったからといって、「これってどうすればいいの?」と人に気軽に見せれるものではありません。なかなか自分の胸を真剣に見ることもないでしょうから、気づかないうちに出来ていたり、胸にきびが悪化したりすることもあります。にきびは早期ケアが大切ですので、お風呂に入ったときなどは注意してみるといいですね。

普段は洋服を着ていて見えない場所にあるために、「人に見える場所じゃないからいいや」などと気軽に考え、何の処置もしないまま放置してしまう人もいるようです。早いうちに適切な処理を行なえば、胸にきびを悪化することを予防できるので、ほったらかしにするのは避けたいものです。

胸にきびの予防と対策には、まず清潔を保つということが挙げられます。胸は汗をかきやすい場所だということを認識し、汗をかいたらこまめに拭き取ることで胸にきびを予防することが出来ます。

女性の場合は、ブラジャーは通気性の良いものを使ったり、汗パットを使うなどするといいでしょう。髪の長い人は、服の中に髪が入ってしまうと刺激を与えてしまうことになるので、胸にきびが気になるときは、長い髪はトップにまとめるように縛っておくことをおすすめします。

男性の方も通常身につけるシャツなどはこまめに洗濯をし、清潔を保つことが大切です。胸毛が生えている人はなおさら、汗が胸にたまりやすく、毛穴が皮脂で詰まりやすい状態になりますから、通気性の良いシャツを着たり、タオルを使ってこまめに汗を拭き取ると胸にきびの予防に有効です。

入浴の際は、シャンプーやボディソープなどは何度も丁寧にすすぎをして、洗い残しがないようにすることで、胸にきびの予防になります。胸にきびが気になる場合にはいつも以上にすすぎを念入りに行ないましょう。

普段の食生活も脂分の多い食事は避け、栄養バランスの取れた食事を摂るように心がけましょう。特に夏の暑いときは汗をかきやすくなるので、外出をする際は、カバンの中にタオルを入れておいて汗をかいているなと感じたら、トイレなどに行って軽く拭き取るだけでも予防が出来ますので、
実践されてみてはいかがでしょうか。

胸にきびの治療法は、皮膚科や美容クリニックに行って専門的な治療を受けることも可能です。今、話題になっているケミカルピーリングやイオン導入、フォトフェイシャルなどといった専門的な治療法を施すことで、胸にきびを改善することが出来ます。

肌のターンオーバーを正常にすることも出来るので、にきびが出来づらい体質になるので、有効な手段といえます。胸にきびは、汗をこまめに拭くことでも予防することが出来るので、まずは胸にきびの治療には、汗を拭き取ることを取り入れてみるといいでしょう。

清潔にしているだけでも十分治療になりますので、胸にきびが気になる場合には、いつも以上に身につける衣服や下着などは清潔を心がけ、汗をかいたらすぐに拭くなどといった処置を行ないましょう。

胸にきびを治療するには、ホルモンバランスの乱れも大敵ですので、ストレスを溜めないようにリラックスできる時間を設けたり、栄養バランスのとれた食事を心がけたりして、皮脂が過剰に分泌されるのを抑制することが大切です。

人に見せるのが恥ずかしい、人に見えない場所だからいいやという理由から、そのまま何の対応もせずにほっておくのは避けたいものです。胸にきびを治療する際、専門のクリニックや皮膚科などで無料でカウンセリングを行なっている場合もありますし、中には電話相談などもあるので、まずは気軽にこうした無料カウンセリングを受けてみるのもいいですね。

にきび関連ニュース