東洋医学漢方と大人にきび

東洋医学の漢方をもちいて大人にきびの治療をしてみてはいかがでしょうか。あなたは、大人にきびの治療法として、漢方を含む東洋医学の治療があることをご存知でしょうか。東洋医学とは、漢方・中国医学・インド医学・チベット医学の総称のことです。東洋医学の治療法というのは、病人を対象としている全体医学です。そして、独特の手法で体を活性化させるというものです。

人間には、本来備わっている、治癒力・生命力・抵抗力があります。このような治癒力や生命力、抵抗力を向上させることに重点をおいています。大人にきびの治療法としては、漢方薬による薬物療法をもちいます。他にも鍼灸や気孔などの物理療法が主流だとおもいます。東洋医学は多くの経験を積んで成り立っています。

そのためる東洋医学は、高い治療効果が期待されます。そして健康を保つことを考えながら生活する「養生(ようじょう)」という考え方から食べ物や呼吸、そして心の持ち方や姿勢が大事だとされています。大人にきびの治療をきっかけとして、東洋医学に触れてみて日常生活に対して改めて考える機会を持つことも大切だと思います。

大人にきびの原因と治療WEBガイド 新着情報

どうしてニキビになるのでしょうか?考えたことがありますか?にきびの正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といいます。日本では約290万人がにきびで悩んでいるといわれており、にきびで悩んだことのある方は男女を問わず 実に80%以上の方が悩んだ経験があるといわれています。にきびは皮脂腺の活動が最も盛んな思春期にできやすいものです。

以前は「二十歳過ぎたら吹出物」などと言われていました。10代の男女の80%以上に現れるため、確かににきびは「青春のシンボル」だともいえるでしょう。にきびは思春期にかけて10代から20代前半に多いといわれています。10代から20代にかけてスキンケアに興味を持ちはじめる時期に化粧品などを使ったりすることから肌に影響をうけることもあるようです。皮膚は大きく分けると表皮・真皮・皮下組織の3つの層に分けられます。

表皮は更に4つの層に分かれており、正常な皮膚は常に新陳代謝を繰り返し、最終的には角質化してアカやフケとなって剥がれ落ちます。正常な肌は常に生まれ変わりを繰り返しているということなのです。剥がれる直前の最表層の角質層のことをバリアゾーンと呼んでいます。毛穴には皮脂腺があり皮脂がつくられて皮脂を毛穴の外に排出することで、肌表面を弱酸性に保ち、細菌の繁殖を防ぎ、保湿する役目があるのです。正常な肌は代謝がスムーズ゙に行われますから、毛穴が開いた状態を保ち、余分な皮脂を排出してくれます。

大人にきびができてしまう乾燥肌の方のケア方法についてご紹介します。乾燥肌も大人にきびと大きく関係しているお肌のタイプだといわれています。乾燥肌の人の多くは、大人にきびができやすい肌はオイリーな肌なおで、乾燥肌には関係ないというように大人にきびケアをしていないという方もなかにはいるかもしれません。

しかし、実は、乾燥肌の人も大人にきびができやすいといわれているのです。お肌が乾燥することによって、角質の新陳代謝が悪くなってしまい毛穴が詰まりやすくなります。詰まった毛穴では、アクネ菌が活発に活動してしまいます。これが、大人にきびの原因となってしまうのです。乾燥肌の大人にきびの予防としては、お肌の保湿に限りるのです。

洗顔した後に何もケアもしていないと、お肌がつっぱってしまったりカサカサしていたり、赤くなったりしますよね。このような状態ではけっしてお肌にとってよい状態だとはいえません。乾燥肌の人は、お肌にたいして優しい化粧水や、保湿クリームなどを使用したケアをオススメします。乾燥肌の人も大人にきびのケアには気をつけましょう。

大人にきびで混合肌のケアをおこなう場合についてですが、大人にきびは、脂性肌にだけできるわけではありません。混合肌の場合でも大人にきびはできてしまいます。そのため注意しておいたほうがよいでしょう。顔の中で、皮脂と水分のバランスが異なっています。

そのため脂分が多いところもありますし、乾燥しているところもあります。このように脂分と乾燥を併せ持っているものを混合肌というように呼んでいます。大人にきびも、部分的に発生しますので、部分的なケアが必要になってきます。混合肌の大人にきびのケアとしては過剰な洗顔は避けるようにしましょう。

そして刺激の少ない洗顔料を選ぶようにして、一度顔を洗ってから、また再び脂分の多いところを優しく洗ってあげるといった方法がオススメです。洗顔をした後のケアとして、保湿クリームや乳液などは、乾燥する部分のみに使いましょう。混合肌に合った、大人にきびのケアや洗顔法をとりいれていくと良いでしょう。

にきび関連ニュース